左側にメニューが表示されないときにはここをクリック

COLLECTION  HEREND ヘレンド

「ウィーンの薔薇」の食器で有名なヘレンドは、ハンガリーの窯です。

ブダペストから南西に約110qほど行ったところにある村「ヘレンド」。
そこにあった小さな陶磁器工場が始まりです。

かつてハンガリーはオーストリアの統治下にあり、ウィーン窯のデザインを継承したヘレンドはオーストリア宮廷の隆盛とともに発展しました。
現在はハンガリーの国営となっており、マスターペインターの称号を与えられた絵師たちが誇りを持って働いています。

ヘレンドのシンブルは、普通のシンブルに比べて小ぶりで、上品。

ちょっと大袈裟かもしれませんが、「淑女の宝物」という感じがします。



このページのトップに戻る


このページのトップに戻る


このページのトップに戻る