左側にメニューが表示されないときにはここをクリック

COLLECTION  Millefiori ミルフィオリ

Millefiori(ミルフィオリ)はイタリア語で「千の花(mille=千、fiori=花)」という意味で、ガラスの一種です。
その起源は古代ローマに遡るほどの歴史ある芸術です。

溶けたガラス棒を花形に整形し、整形したガラス棒の表面に別の色のガラスを巻き、さらに花形に整形し…をを繰り返して作られます。
そうすると、どこを切っても「金太郎飴」のように同じ模様をしている、細長いミルフィオリ棒ができます。
これを小さく輪切りにしたもの(断面の模様)がミルフィオリです。

ミルフィオリのガラス棒は横から見ると単色、または縞模様のガラス棒にしか見えないため、輪切りにして使われますが、シンブルだとその横の縞模様も楽しめるところが面白いですね。


写真をクリックしていただくと、拡大した画像をご覧いただくことができます。
拡大画像からは、ご自分のブラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。












このページのトップに戻る