左側にメニューが表示されないときにはここをクリック

COLLECTION  POPEYE ポパイ

誰でも知っているアメリカン・アニメ「ポパイ」。
作者はエルージー・クライスラー・シーガーで、実はポパイ自身はシーガーの漫画「シンプル・シアター(1919年からニューヨーク・ジャーナル新聞に連載)」の一登場人物にすぎませんでした。
初登場は1929年1月17日。

もともとこの「シンプル・シアター」の主人公はハロルド・ハム・グレイヴィと彼のガールフレンドのオリーブ・オイル、そしてオリーブのお兄さんのカスター・オイルだったそうです。

そこにポパイが登場するやいなや、彼はすごい人気者になり、いつのまにかオリーブの恋人になり、いつのまにか主人公になり、いつのまにか漫画のタイトルも「ポパイ」になってしまいました(オリーブの元恋人ハムくんは、いつのまにか姿を消しました)。

この「ポパイ」は1933年にアニメ化され、さらに人気に・・・。

ところで、ポパイが最初に食べていたのは「ホウレンソウ」ではなく「ニンニク」だったそうです。
ポパイのスポンサーがほうれん草の缶詰会社だったため、アニメの中でもホウレンソウを食べさせるようになったという話も・・・。

シンブルに関係のない話ですが、おもしろかったので書いてみました♪


写真をクリックしていただくと、拡大した画像をご覧いただくことができます。
拡大画像からは、ご自分のブラウザの「戻る」ボタンでお戻りください。





ポパイ

オリーブ

ウィンピー

スウィーピー
主人公ポパイ、水兵さん。
小さい頃に父親と生き別れた孤児で、「I Yam What I Yam!(俺は俺だ。だから俺なんだよ!)」という台詞は有名。
正式名はオリーブ・オイル。
面食い。
ご存知の通り、ポパイの恋人。
ちょっと太めのハンバーガー好きのおじさん 赤ちゃん(誰の子供?)



プープデック パピー

ブルータス

ブルート
不明 ブルートの原作コミックでの名前。
アニメでは「ブルート」
ポパイの恋敵。
ひげもじゃの大男。
原作では「ブルータス」

このページのトップに戻る